本当にやりたいこと

icon心から本当にやりたい事って中々見つからないものかもしれませんね、よく学校で「あなたの将来の夢はなんですか」とか新社会人に上司から「君の夢はなにかね」なんて聞いてくる。でも分からなくても良いと思います、自分に嘘をつくより思い付かなければ無くても良いと思います。例えば好きなことがあれば、それを頑張ってやり続けたら良いと思います。無理なく出来ることだけをやってみたら如何でしょうか。だって好きな事や出来る事を続けられたら得意になるかもしれないし得意になったら楽しいし、色々と工夫していつか夢に繋がるかもしれないです。

打ち込める程好きなものが無くても自分には何も無いなんて思わないでほしい。よく周りを見渡せば「何かに向かって打ち込んでいる人や夢に向かって頑張っている人」いると思います。そんな人を勝手に応援しちゃえば良いんじゃないでしょうか、応援してる人が向かっている夢が何となく見えてきたらきっと自分も夢中「夢の中」になっているかもしれません。憧れの人・大好きな人・尊敬してる人・家族・親友….きっと頑張っている人がいるだろうし「夢の相乗り」ってあってもいいと思う。いつか「君の夢は?」なんて聞かれたら「私は今夢の中です」と教えてあげましょう。

自分で自分を決めるなんて今の時代は大変ですよね。社会が分断され少しの遅れや間違いの許容範囲がせまく寛容性の無いコミュニティの中で明確な将来の「夢 : WILL」を持っている人ってどれほど居るんだろうか。自分を象ってくれるのは自分と関係性のある人達や環境の「繋がり」かもしれません。やっぱり繋がりが多い方が良いよね..なんて思います。

ではまた、立川 望

カテゴリー: MAGAZINE_BLOG パーマリンク

コメントを残す