BORN TO BE BLUE~ブルーに生まれついて

映画『BORN TO BE BLUE~ブルーに生まれついて』
ダメな男の格好良さ
弱い男の格好良さ
優しい男の格好良さ
呟くように唄い、トランペットを吹く男

チェット・ベイカー

チェット・ベイカー1

チェット・ベイカー

チェット・ベイカー2

チェット・ベイカー

チェット・ベイカー3

カテゴリー: Sketch | BORN TO BE BLUE~ブルーに生まれついて はコメントを受け付けていません

2024年のこれから

icon
さて、今年の元旦には様々な災害や出来事がありました。これらの出来事を通じて、新しい時代に向けての常識と価値観をアップデートする必要があると感じてます。変化の中には気付きと着想が潜んでおり、歴史の経験から得られた教訓を大切に、より濃密な個と個の繋がりと社会の関係性を築くための道を模索していくことが求められている様な気がしています。

新しい時代は、徳や利他的な精神に焦点を当てるべき新しい共同体の再構築の時代かもしれない..と漠然と感じています。

あまり悲観的なことは書きたくありませんが、今年は私の会社も正念場になるでしょう。但し私は過去の28年の学びを活かし未来に向けて前進していく決意を新たにしたいと考えてます。困難に立ち向かいながらも、利他的な心を大切にし仲間たちとの共同体を強化していけることを願っています。

新しい一年が、皆さんにとって素晴らしい冒険となり、希望に満ちた未来への一歩となりますように。良いお年をお迎えください。

最後に、災害に遭われた方々の一日も早い健やかな日常を心からお祈り申し上げます。

令和六年 一月  立川 望 

カテゴリー: MAGAZINE_BLOG | 2024年のこれから はコメントを受け付けていません

懐かしい映画「ディアハンター」を観た感想

icon先日、久々に昔の名作映画「ディアハンター」を観ました。ベトナム戦争時代、アメリカでのロシア系移民が生きる様を描いた感動作であり、当時のアメリカというものに包摂されていく移民の営みに繊細にフォーカスした監督マイケ・チミノの視線と、それを演じきる一級の役者陣が素晴らしいです。鹿狩りに興じる若者や結婚式でのロシア正教の描かれ方、そしてマイケル(ロバート・デニーロ)ニック(クリストファー・ウォーケン)親友との友情、性別を超えた真の愛にも焦点を当てています。

ご存じの通りロシアンルーレットのシーンは強烈です。初めて観た時はなぜリンダ(メリル・ストリープ)の写真を見せなかったのかが疑問でしたがよく考えて理解しました。そうマイケルはリンダではなく自分を想い出して欲しかったんだと気づきました、自分のこめかみにピストルの銃口を当て ”I love you nick…” と言って引き金を弾くシーンを観て確信しました。スティーヴンの結婚式の後で酔ったマイケルが裸になってバスケットコートに横になった時ニックはマイケルの下着の上に座り込み必ず俺をベトナムから連れて帰ってくれと伝えるシーンを回想させます。過酷な戦争の中で壊れてしまったニックを置いたまま何故一人で帰ったのか..マイケルもリンダをリンダを想っていた事がよくわかります。

ニックの葬式のシーンで車の後ろから棺桶を覗き込むマイケルや葬儀が終わって仲間達と食事の用意をするシーンでのリンダとの二人の視線や細かな仕草、スクランブルエッグを作りながら口ずさむ ”God Bless America” やがて皆で歌い ”God Bless America My home sweet home” でニックへと言って乾杯するところで映画話終わります。

映画はロシア系アメリカ人の物語であり、ペンシルヴェニア州で生活する5人の鉄鉱労働者の生き様をかたる。ベトナムに行った3人の純粋さといまだ傷ついていない将来がベトナムで敗北するプロットの展開も巧みで、観ている人間を引き込む魅力があります。予測できない展開や意外な展開が続き、飽きることなく最後まで引き込まれます。特に感動的なシーンは心に響くこと間違いありません。

この映画が持つメッセージも現代社会への示唆があります。戦争と日常、性別や国籍、人種を超えた真の愛や友情の重要性を再確認するきっかけとなります。

「ディアハンター」は、懐かしい名作であり、当時の社会情勢や戦争の影響が物語の展開に大きく関わっています。主人公たちの友情や心の葛藤をより深く理解することができます。そのメッセージは今でも十分に共感を呼びます。映画は過去と現在を結ぶ力があり、人々を感動させることができます。ぜひ、この機会があれば昔の名作を再び観てみてください。

乱文投稿でした
立川 望

カテゴリー: MAGAZINE_BLOG | 懐かしい映画「ディアハンター」を観た感想 はコメントを受け付けていません

食材が都会の片隅に

このギャラリーには2枚の写真が含まれています。

その他のギャラリー | 食材が都会の片隅に はコメントを受け付けていません

食とお裾分けについて

icon食について 続きを読む

カテゴリー: MAGAZINE_BLOG | タグ: | 食とお裾分けについて はコメントを受け付けていません

26期目の決算が終わりました。

夕焼け 続きを読む

カテゴリー: MAGAZINE_BLOG, Monthly photo | タグ: | 26期目の決算が終わりました。 はコメントを受け付けていません

iconシーズンの主なインスピレーションの 1 つである SOLAR VISION 続きを読む

投稿日: 作成者: Nozomi | 2024- 25 年秋冬のカラーレンジ ビジョン はコメントを受け付けていません

最近は色々ありました。

icon 続きを読む

カテゴリー: MAGAZINE_BLOG | 最近は色々ありました。 はコメントを受け付けていません

哀悼を乗り越えて

icon 続きを読む

カテゴリー: MAGAZINE_BLOG | 哀悼を乗り越えて はコメントを受け付けていません

映画「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」を観て

 

Paco de Lucía

Paco de Lucía

 

続きを読む

カテゴリー: MAGAZINE_BLOG | 映画「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」を観て はコメントを受け付けていません